IVD事業について

臨床検査室へのソリューションと臨床現場への付加価値をご提供

「生化学・免疫・凝固検査」領域では、患者さまから採血した最小限の血液で、できるだけ多くの検査を短時間で実施することを目指しています。それを可能にするのが、統合型システム(分析装置)と多種多様な疾患領域をカバーする試薬ラインナップです。検査業務を効率化するとともに、国内外のエビデンスに基づいた臨床的価値の高い検査を提供することで、医療環境の質の向上へ貢献しています。

「遺伝子検査」領域では、ロシュが特許を持ち世界標準となっている遺伝子診断技術のPCR法を活かし、これまで困難とされてきた遺伝子情報に基づく感染症やがんの診断を実現しました。診断だけでなく治療法の評価など、臨床現場での新しい付加価値の創造に努めています。

「臨床現場即時検査」領域では、「ポイント・オブ・ケア・テスティング」製品及び「血液ガス・電解質」製品により、生化学・免疫・凝固検査領域で測定できる主な検査項目と血液ガス検査を、小型の機器で簡単に、そして迅速に測定することを実現しました。緊急時の即時診断や検査環境に依存しない柔軟な医療サポートへの貢献に尽力しています。

IVD事業の領域

遺伝子検査 - Molecular Diagnostics (MD)

遺伝子検査 - Molecular Diagnostics (MD)

ロシュ・ダイアグノスティックスが特許を持ち、遺伝子検査では世界標準となっているPCR技術。この技術を臨床に応用することで、感染症分野における迅速な診断や治療法の選定、効果判定を可能にしました。より高い精度の定量値をより迅速に測定します。

生化学・免疫・血液凝固検査 - Centralized Diagnostics (CD)

生化学・免疫・血液凝固検査 - Serum Work Area (SWA)

免疫・生化学・凝固分野においては、蓄積されたノウハウや技術を活かして、簡便かつ効率的な検査運営を可能とし、“高感度”“ワイドレンジ”“短時間測定”を実現します。検査データを通して患者さま、検査技師の皆さま、臨床医の先生方が必要とされるサービスをご提供しています。

ポイント・オブ・ケア・テスティング - Point of Care Testing (POCT)

ポイント・オブ・ケア・テスティング - Point of Care Testing (POCT)

従来中央検査室でしか処理できなかった生化学・免疫・血液凝固検査項目を、小型分析装置を用いて簡便で迅速に測定することを可能にしました。緊急での即時診断や、検査環境に左右されない柔軟な医療サポートへの貢献に尽力しています。

血液ガス・電解質分析 - Blood Gas Electrolyte (BGE)

血液ガス・電解質分析 - Blood Gas Electrolyte (BGE)

生化学・免疫・凝固・遺伝子といった、検査室向けの機器・試薬のみならず、救急病棟や集中治療室など緊急性を要する医療現場で活躍する血液ガス・電解質分析装置をご提供しています。

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社